ムダ毛についての基礎知識

お問い合わせ・ご相談はコチラ 無料カウンセリングご予約
栄本店電話番号 代官町電話番号
営業時間
Ma Cherie
  1. トップページ>  
  2. 女性の脱毛事情>  
  3. ムダ毛についての基礎知識

ムダ毛についての基礎知識Column

ムダ毛といわれ邪魔物扱いされている体毛ですが、ほぼ全身に生えて外部から入ってくるゴミやホコリをシャットアウトし、
体内の毒素排出を手伝い、体温調整するなど、休むことなく身体を守るため働いてくれています。
しかし、手や足など目立つ部分に生えていると見た目が悪いため、
多くの女性が思春期から大人になってもずっとムダ毛の処理に手間と時間を取られてしまいます。
現在では痛みが少なく肌にもやさしく、さらにリーズナブル価格の光脱毛が人気となったため、全身脱毛する人も増加しています。
そこで体毛が生えるメカニズム、医療脱毛とエステ脱毛の違い、自己処理の注意点、
海外のムダ毛事情などをムダ毛についての基礎知識をご紹介します。

ムダ毛を剃ってもすぐ生えてくるのは、毛根の先にある、毛の細胞を作る大元の毛乳頭があるからです。この毛乳頭をレーザーや光などの刺激を与えて破壊することで、永久脱毛ができるのです。

・・・つづきはこちら

日本人女性が着物を着ていた時代、ムダ毛だという意識は低かったことが予想されます。歴史的にみて、ムダ毛処理が一般化したのは洋装に変化した昭和、戦後の時期からです。

・・・つづきはこちら

ムダ毛を取り除くことで、汗や分泌物が付着する部分がなくなれば、ニオイの軽減に効果的です。じつはワキガやVIOゾーンの臭いも同様。気になる人はムダ毛処理をしましょう。

・・・つづきはこちら

永久脱毛には、エステと医療機関で受けるものとがあります。今エステの光脱毛が人気を集めています。手軽な価格で、1回の時間が少ないこと、傷みがほとんどないことなどがメリットだからです。

・・・つづきはこちら

脱毛を行った後の肌は、乾燥気味になったり、敏感になったりします。アフターケアをせずにいること、肌トラブルを招くこともありますので、注意が必要です。

・・・つづきはこちら

ムダ毛を自己処理する方法はたくさんありますが、どれを取ってもお肌に大変な負担をかけてしまいます。ここでは、良く用いられる自己処理方法の危険性と注意点をご紹介します。

・・・つづきはこちら

世界には、男女ともにムダ毛をまるで気にしないボウボウの国があれば、アンダーヘアまでツルッツル国もあります。ムダ毛事情は、国や地域によって大きく違いがあるのです。

・・・つづきはこちら

女性自身が「女性として終わっていると思う時」に脱毛処理をサボるが3位にランクイン。男性も彼女に対して同じように思うことが明らか。脱毛処理をしていない女性はだらしない女性と映るようです。

・・・つづきはこちら

脱色は毛の色を金や茶にすることで毛を目立たなくするというムダ毛処理方法です。カミソリや毛抜きによる一部のトラブルは防げますが、不自然な毛になる上肌への影響は計りしれません。

・・・つづきはこちら

埋没毛は切れたムダ毛が皮下で育った状態です。無理な脱毛の刺激で角質が毛穴を塞ぐことが原因です。スクラブ剤で角質を取り除くと改善しますが、サロンで脱毛すれば埋没毛の悩みが解消します。

・・・つづきはこちら

フラッシュ脱毛は、黒い毛の毛根中のメラニン色素だけに反応するので、白いムダ毛には効果がありません。高い脱毛効果を望むなら、なるべく年齢が若いうちの処理がカギなのです。

・・・つづきはこちら

ムダ毛の自己処理の失敗は、様々な肌トラブルを招きます。カミソリによる色素沈着や、細菌感染による炎症、埋もれ毛などのトラブルがある場合は、すぐ自己処理を中止しましょう。

・・・つづきはこちら

光脱毛もレーザー脱毛も、メラニン色素に反応する特殊な光を照射する原理は同じですが、出力量の高いレーザー脱毛は医療機関のみに限定されます。脱毛サロンの光脱毛は価格の安さが魅力です。

・・・つづきはこちら