医療とエステの脱毛法の違い

お問い合わせ・ご相談はコチラ 無料カウンセリングご予約
栄本店電話番号 代官町電話番号
営業時間
Ma Cherie
  1. トップページ>  
  2. 女性の脱毛事情>  
  3. ムダ毛についての基礎知識>  
  4. 医療とエステの脱毛法の違い

医療とエステの脱毛法の違い

普通の脱毛と永久脱毛の違い

脱毛は、カミソリや毛抜きなどを使って自己処理でやる人もとても多いのですが、
医療行為になる脱毛があります。
これは毛根の下にある毛乳頭を破壊する永久脱毛のことです。
毛乳頭は、毛を作りだす毛母細胞を作り、栄養を送り出す、いわば毛のお母さん。
この毛乳頭があるからこそ、毛抜きでムダ毛を抜いても、
また毛母細胞が生まれ、新しい毛が生まれるワケです。

この毛乳頭を破壊すれば、永久に毛が生まれませんから、「永久脱毛」と呼び、
こうした脱毛は本来、医療行為にあたるのです。
具体的にどんな永久脱毛が医療行為にあたるのかというと、主に3つで、
電気脱毛(針脱毛、ニードル脱毛)、光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーザー脱毛です。
これらの行為は、使い方を間違えれば毛乳頭だけでなく、
他の組織にもダメージを与える可能性があるので、
本来は医師の管理の下で使うのが正しい行為なのです。

医療機関とエステの脱毛の違い

でも最近では、医療機関ではないエステや、家庭で使える脱毛器に
毛乳頭を破壊できる永久脱毛が登場しているのでしょうか?
それは、光(フラッシュ)やレーザーの出力レベルを、
安全な範囲に抑えている機器だからなのです。
肌へのダメージリスクが少ないのですが、
その分、1回で毛乳頭を破壊することは難しいというデメリットもあります。

ただ、近年は、医療機関で行うレーザー脱毛より、
エステで行う光脱毛(フラッシュ脱毛)が人気を集めています。
そのメリットは、フラッシュを広い範囲に照射で切るため、
レーザー脱毛よりも、1回の脱毛にかかる時間が短くて済むこと。
また、光の照射は広範囲で一瞬なので、
レーザー脱毛のようなチクッとした痛みを感じることがほとんどないこと。
また、レーザー脱毛と比較して安価で、安全性が高い、という理由です。
毛乳頭への刺激パワーはレーザーと比べると若干落ちてしまい、
永久脱毛完了までに期間がかかるデメリットもあります。
しかし、毛乳頭を破壊して、永久脱毛ができるメカニズムは一緒です。
自分の好み、ライフスタイルに合わせて選ぶといいでしょう。