知っておこう!脱毛後のトラブルと予防法

お問い合わせ・ご相談はコチラ 無料カウンセリングご予約
栄本店電話番号 代官町電話番号
営業時間
Ma Cherie
  1. トップページ>  
  2. 女性の脱毛事情>  
  3. ムダ毛についての基礎知識>  
  4. 知っておこう!脱毛後のトラブルと予防法

知っておこう!脱毛後のトラブルと予防法

脱毛後のトラブルの種類

脱毛を行った後の肌は、乾燥気味になったり、敏感になったりすることがあります。
アフターケアをせずにいること、肌トラブルを招くこともあります。
たとえば、肌が赤くなったり、ニキビのような吹き出物ができたり、
黒ずんでしまうなどが代表的です。
そこで脱毛後のこうした肌トラブルの原因とその対処法について紹介しましょう。

脱毛後のトラブルと対処法

1、 肌の赤み
レーザーや光などによる脱毛の場合、電流や熱に皮膚が反応して赤みが出る場合があります。
これは日焼けなどと一緒で、むしろ正常な反応です。
ただ、日焼け同様、皮膚は熱を持ち、乾燥していますので、しっかり冷やし、保湿を行ってあげましょう。

2、 毛嚢炎(もうのうえん)
毛根を包んでいる毛嚢もしくは毛包が腫れたり化膿したりして赤く腫れ、
ニキビのような状態になることを毛嚢炎といいます。
中央の膿をもった部分が硬くなってくると、軽い痛みを感じることもあります。
原因は、施術後の毛穴や皮膚の状態が不潔になっていて、黄色ブドウ球菌が侵入することで引き起こされます。
予防法としては、脱毛した部分を清潔に保っておくことです。
早急に治しておきたい場合には皮膚科に相談し、抗炎症薬もしくは抗生物質を投与すれば治ります。

3、 色素沈着
脱毛後に、施術部分の皮膚や毛穴が黒ずんでしまうことを色素沈着といいます。
色素沈着の原因は、レーザーや光に反応したメラニン色素の発生と蓄積です。
とくに脱毛後の肌を紫外線に触れさせてしまうと起きやすいようです。
また、肌の質に合わないタイプのレーザーを使用してしまったことで起こる場合もあります。
色素沈着は、これを除去するレーザー治療や、美白効果のある化粧品などで対処ができます。
また予防法としては、脱毛処理の施術後に、紫外線ケアとして日焼け止めクリームを塗ったり、
紫外線を当てないように気を付けることが大事です。