ムダ毛の自己処理における注意点

お問い合わせ・ご相談はコチラ 無料カウンセリングご予約
栄本店電話番号 代官町電話番号
営業時間
Ma Cherie
  1. トップページ>  
  2. 女性の脱毛事情>  
  3. ムダ毛についての基礎知識>  
  4. ムダ毛の自己処理における注意点

ムダ毛の自己処理における注意点

自己処理方法とその危険性

抜く、剃る、溶かす、焼く、脱色する…。
ムダ毛を自己処理する方法はたくさんありますが、
どれを取ってもお肌に大変な負担をかけてしまうことに
変わりはありません。
ここでは、良く用いられる自己処理方法の
危険性と注意点をご紹介します。

カミソリ・シェービングで毛を剃る

ムダ毛を自己処理する方法として最も用いられるのが、
剃るという手段です。
短時間で広範囲を剃ることができますが、
刃を使うため、肌を切ることや細菌感染のリスクもあります。
乾燥した肌に直接刃を当てるのも必要以上の角質を
傷つける原因となりますので、
クリームなどで滑りを良くしてから行いましょう。
また、処理後の肌はとてもデリケート。処理した場所に関わらずしっかり保湿をしましょう。

毛抜き、テープなどで毛を抜く

カミソリと違い、毛を抜いてから
生えてくるまでの期間が比較的長い方法です。
しかし、全て抜くのには時間がかかる上、痛みが伴います。
さらに、埋没毛の危険が一番高いのも毛を抜いた場合です。
毛を抜く行為で肌が傷ついたと判断し、傷を治そうと角質層が増え、
後から生える毛を遮ってしまうのです。
埋没毛を無理に抜こうとすると更にお肌を傷めるため、
見た目は悪くても我慢するしかないという状況に陥ってしまいます。
毛を抜きのほうがカミソリよりもお肌へのダメージは高いのです。

除毛クリームで毛を溶かす

処理後は滑らかな肌触りで、痛みもなく、
次に毛が生えてくるまでの期間が長い、と良い面も多いですが、
やはり化学薬品ですのでお肌へのダメージは避けられません。