海外のムダ毛事情

お問い合わせ・ご相談はコチラ 無料カウンセリングご予約
栄本店電話番号 代官町電話番号
営業時間
Ma Cherie
  1. トップページ>  
  2. 女性の脱毛事情>  
  3. ムダ毛についての基礎知識>  
  4. 海外のムダ毛事情

海外のムダ毛事情

アジアのムダ毛の意識

世界には、男女ともにムダ毛をまるで気にしないボウボウの国があれば、
アンダーヘアまでツルッツル国もあります。
ムダ毛事情は、国や地域によって大きく違いがあるのです。
アジア人といえば肌は黄色で毛は黒。つまりムダ毛が目立ちます。
そのせいか、日本ではムダ毛処理文化が発達し、
現在全女性の約7割が何らかの方法でムダ毛処理をしています。
日本のムダ毛処理の理由は、男性を意識したマナー要素が強いですね。
しかし同じ黒い毛を持つアジア圏でもムダ毛処理の事情は異なります。

たとえば上海。
なんと約半数の女性がワキ毛処理をしないという報告があります。
理由として多いのが、「肌に悪い」からだそう。
一方、整形にも寛大な韓国では脱毛は当たり前。
ワキはもちろん顔や全身を脱毛しています。
その理由は、「美しい肌」のため。
上海とは正反対で面白いですね。

一方、台湾は、もともと体毛が薄い傾向があり、
産毛を糸で剃る習慣はありましたが、
ワキ毛に関しては、脱毛率が半分以下だそうです。
ただし、都市部は意識が変わってきているようで、
医療機関やエステのワキ脱毛が増えているので、
今後脱毛率は上昇していくでしょう。

欧米の脱毛事情

フランスは、もともと入浴の習慣がなく、脱毛によって清潔感を表現してきた国です。
とくにアンダーヘアは、中央の毛を細く残すだけを残す「フレンチ脱毛」が主流。
ですから、全身の脱毛に関しても当たり前と思いきや、
もともと毛が細いうえに、毛の色が薄い人種です。
光やレーザーの脱毛が効きにくいので、
永久脱毛をしているというよりは、ワックスなどで自己処理が中心。
ですから、怠け者の女性は、平気でボウボウです。

イギリスでは、成人女性のほとんどが、脱毛を行っていて、
ワキ、足、腕、アンダーヘアとほぼ全身に至り、
美意識のレベルが高い国です。
ところがイタリアやスペインに行くと、体毛が濃いにもかかわらず、
ムダ毛をあまり気にしていない人が多いようです。
ただし、アンダーヘアは別。
両国とも、脱毛のお手入れは欠かしません。

最後に、アメリカ。 アンダーヘアの脱毛にはかなり気を使っているようですが、
腕やワキ、足といった脱毛はおおかた無頓着。
これは、毛の色が薄いことが大きく関係していますが、
さすがに、タンクトップからワキの毛がボウボウの女性を見るとびっくりします。

このように、国や地域によって、ムダ毛の意識がぜんぜん違います。
観光で訪れた際には、ムダ毛に着目してみてくると楽しいですよ。