女性として終わっているのは? ムダ毛が3位

お問い合わせ・ご相談はコチラ 無料カウンセリングご予約
栄本店電話番号 代官町電話番号
営業時間
Ma Cherie
  1. トップページ>  
  2. 女性の脱毛事情>  
  3. ムダ毛についての基礎知識>  
  4. 女性として終わっているのは? ムダ毛が3位

女性として終わっているのは? ムダ毛が3位

男女の思う「女性として終わっている」時

あるアンケート調査で、働いている女性自身に「女性として終わっていると思うときはどんな時?」
というワースト10の結果があります。
1位、酔ったときの醜態
2位、下着を2~3日替えない
3位、脱毛処理をサボる
4位、彼の前でゲップ
5位、スッピンで出社する
6位、太るのを気にしないで食べまくる
7位、恋愛に対してあきらめている
8位、仕事しかない
9位、立ち食いに1人で入れる
10位、肉体関係への要求が無くなる

一方、男性が彼女に対して「女性として終わったと思うときはどんな時?」というアンケート結果では(こちらは順不同)
・平気でオナラをする
・どこでもスッピン
・太ってきた
・ヒゲが生えている
・ムダ毛の処理をしていない
・部屋が散らかっている
・下着がババ臭い

などがありました。
これらの共通項で人物像をつくり上げると、見た目的には、
“スッピン、ムダ毛処理がされていない、太っているヒト”になります。

人に見られている意識がゼロ

この人物像は、よくいえば、ありのままの自然体、とも言えますが、
そんな好意的にとってくれる人はほとんどいません。
一般的に “他人に見られている意識がゼロ”の女性だと認識されます。
「別に彼氏もいないし、好きな人もいないからいいの」と思う人もいるかもしれませんが、
もっとも注意したいのは、この認識は男性目線だけではなく、同性目線でもあるのです。

こうした印象は、恋愛をしている相手がいる・いないにかかわらず、
社会生活をしていく上で、かなりのマイナスになります。
なぜなら、スッピン、ムダ毛、太っている人は、
化粧やムダ毛処理が面倒くさい、ダイエットができないと思われます。
つまり、「だらしない女性」を見た目で表現してしまっているということなのです。
社会でも上手に生きていくためには、やはり見た目は重要なのです。
とくにムダ毛の処理は、エステサロンの永久脱毛で、日々の手間が軽減されるのですから、
「女性として終わっている」なんて思われないように早めに行っておくことです。