脱毛の自己処理はさまざまなトラブルに……

お問い合わせ・ご相談はコチラ 無料カウンセリングご予約
栄本店電話番号 代官町電話番号
営業時間
Ma Cherie
  1. トップページ>  
  2. 女性の脱毛事情>  
  3. ムダ毛についての基礎知識>  
  4. 脱毛の自己処理はさまざまなトラブルに……

脱毛の自己処理はさまざまなトラブルに……

その自己処理、ちょっと待って!

ちょっとしたムダ毛の場合、自分で剃ったり、抜いたりする
自己処理を続けている人は多いでしょう。
しかし間違った脱毛方法や失敗によって、肌トラブルを招くことがあります。
ムダ毛そのものはなくなっても、皮膚が細菌に感染して炎症を起こしたり、
肌が黒ずんだりしたのでは、脱毛を行なった意味がありません。

カミソリによる色素沈着

カミソリによる自己処理を続けていると、皮膚への刺激が原因の黒ずみ、
色素沈着を起こすケースが多いものです。
皮膚は刺激によって攻撃を受けると、色素を増やして角質を厚くすることで
組織を守ろうと働きます。
カミソリで頻繁に毛剃りを行うほど、色素沈着による黒ずみが進んでしまいます。
また、カミソリで斜めに剃った毛は、断面の表面積が増えるために
濃くなったように見えるものです。
そうしたことも、頻繁な自己処理をうながすことにつながっていると考えられます。

細菌感染による炎症

毛抜きでムダ毛を無理に引き抜いた結果、毛穴が傷ついたり広がったところに
ブドウ球菌などの雑菌が侵入して赤く腫れる
「毛嚢炎」という炎症を起こすことがあります。
また、この場合も皮膚の自然な防御反応として、
メラニン色素が増えて色素沈着の原因となったり、
毛穴がポツポツと大きく飛び出すような状態になる可能性もあります。

皮膚の下に残る埋もれ毛

「埋もれ毛(埋没毛)」も、自己処理後に多い肌トラブルです。
これは、ムダ毛を抜くとき失敗して途中で切れた毛が毛穴に残り、
毛穴が角質で塞がった状態のまま成長し続けた状態を指します。
毛抜きで毛を抜くと、皮膚はダメージを受けたと認識します。
その修復のために、毛穴=傷口をふさごうとして角質が厚くなり、
結果として切れた毛が外に出られなくなるのです。

自己処理はやめて、安全な脱毛を

こうしたトラブルの状態がある場合、すぐにムダ毛の自己処理を中止し、
傷や炎症は専門医に相談して治療し、回復を待ちましょう。
その上で、専門の脱毛サロンなどで正しく安全な脱毛をすることが、
ムダ毛のない美しく健康な肌を保つためにも効果的です。