自己処理が難しいお尻の脱毛

お問い合わせ・ご相談はコチラ 無料カウンセリングご予約
栄本店電話番号 代官町電話番号
営業時間
Ma Cherie
  1. トップページ >
  2. ムダ毛の予防・改善方法
  3. 自己処理が難しいお尻の脱毛

自己処理が難しいお尻の脱毛

意外と忘れがちな「お尻」の脱毛とは?

脇の下、腕、すね、うなじから背中の脱毛は一般的です。
最近ではアンダーヘアのVIO脱毛も定着してきて、
脱毛に対しての意識も徐々に変わってきています。
しかし、意外と忘れがちなのが“お尻”の脱毛です。
お尻といってもVIO脱毛の肛門回周りのことではなく、
表面のウエストから下の「臀部(でんぶ)」といわれている部分のことです。
普段は見えない場所なので、気になることはありませんが、
プールや海で水着に着替える時や、女友達と温泉などに行った時、
またTバックを履いたり、彼に見られたりする時に、背中や腰まではツルツルなのに、
お尻だけ産毛のような短い毛がフサフサ、というのは興ざめです。
なかなか脱毛するという意識が薄い、忘れがちな「お尻」の脱毛は、
背中の脱毛とともにサロンでプロによる施術を受けることをおすすめします。

自己処理が難しいお尻の脱毛について

お尻は自分では見えない場所で、
鏡などを使ったとしても自分では処理しづらく、
カミソリなどを使って剃る場合など、手が届きにくい場所でもあるため、
剃り残しがあったりするケースも多く、肌を傷つけやすく危険な部位です。
しかも万が一、ケガをしてしまっても病院に行くのも恥しく、
薬を塗ったり、治療するのも難しいので、治りも遅くなる可能性もあります。
除毛クリームや脱毛ワックスなどを使ってのムダ毛の処理は、
デリケートゾーンも近いので避けたほうがいいでしょう。

お尻のムダ毛の毛質を考えてもサロンで脱毛しましょう

お尻のムダ毛の毛質は、産毛のようでやわらかいですが、
カミソリでの剃毛や脱毛ワックス・クリームなどの自己処理によって、
硬い毛になったり、増えたりする可能性も少なくありません。
剃り残しやその後のムダ毛の処理・毛質を考えても、
サロンで脱毛するのが得策といえるでしょう。

マシェリの脱毛は、ただツルツルにするだけでなく、
美肌効果もあるので、赤ちゃんのようなお尻が手に入り
かわいい水着や、色っぽいランジェリーも楽しんで堂々と着ることができます。